本当の紫外線対策を実践出来ると、シミの原因を取り除いて美白効果が高くなります。



白い肌を保つためには、紫外線対策は欠かせないケアです。
ところが長年、紫外線対策に日焼け止めを使ってきたのに、日焼けやシミに悩んでいる人がいます。
これは何が原因なのでしょう?

まず、日焼け止めの使い方が正しくないのと、日焼け止めに対する知識が十分ではないと言うことが挙げられます。
UVカットクリームにはSFPとPAと言う基準があります。
SPFはUV-Bと言う肌表面に炎症を起こすものに対して、PAはUV-Aと言う肌の奥に入って活性酸素を作るものに対して効果を発揮します。
現在ではSPF50+、PA+++++が、最も高いレベルと言われます。
SPFの数値は、これに20をかけて出した数字が効果のある時間帯です。
ちなみに表記の数字が50であれば20をかけた1,000分は効果を発揮すると言う目安に出来ます。
ただし、暑い時期には汗をかいたりしますので、必ずしも1,000分は安心出来るものではありません。

数値の高い日焼け止めでは、肌に刺激を感じる場合もあり、その日の行動範囲や時間に併せて使い分ける事をオススメします。
室内で過ごす時間が多ければ、SPFは20程度の数値で結構です。
敏感肌は刺激を感じやすいので、赤ちゃん用の日焼け止めを使用すると、優しく肌を守ってくれます。

紫外線は肌に当たることだけでシミを作るのではありません。
最近になって、目から入った紫外線でも肌のメラニン色素を活性化することがわかりました。
そこで、眼鏡やコンタクトレンズもUVケア仕様に移り変わっています。
髪も日焼けをする事を考えると、UVカット帽子も併用しながら、紫外線ダメージから守る事が必要です。
健康髪を維持するのも見た目の年齢を左右します。

最近ではUVカット素材のファッションも多く、服やストール、アームカバーなど肌を白く保つのに便利なアイテムが開発されています。
紫外線量は季節によって違うだけでなく、最近はオゾン層の破壊が進んでいるため、
皮膚ガンのリスクも高まっています。
今まではオゾン層に吸収されて人体には問題のなかったUV-Cのリスクも不安要素になっています。
ネットやテレビの天気予防でも紫外線情報を出しているものがあるので、小まめにチェックしながら、状況に応じた紫外線対策を進めましょう。

髪や顔は高い位置にあり日光に当たりやすいです。
光老化も深刻になるので、紫外線対策を念入りにするようにして下さい。
またアスファルトの照り返しや、降雪地域では雪からの反射でも日焼けするので、思わぬ角度から紫外線が当たっていることも意識しながら日焼け止めをつけるのが基本です。